表参道美学

女性向けビジネスを行っている会社の経営者、カルチャースクール、サロン経営者に伺ったワンポイント経営戦略を公開し、さらにスクール、文化、芸術に関する情報、大使館パーティ情報をお伝えします。

習い事調査

習いごと
最近の人気は
お茶や着付け、和物が復活

20歳から34歳までの働く女性を対象にした雑誌「ケイコとマナブ」の調査

■この1年経験した習いごと

 ̄儻譟。横機ィ粥
▲好檗璽張ラブ 17.7%
ヨガ・ピラティス 16.1%
げ板輓鼠 10.1%
ゥ錙璽鼻Ε┘セル 8.9%
Δ菓子 8.7%
Д僖鵝。検ィ押
┘團▲痢。検ィ亜
書道 6.8%
着付け 6.6%

■スクール選びの条件

‐貊蝓。苅掘ィ押
⇔繕癲。苅機ィ粥
先生 27.8%
せ間帯 24.9%
ゥリキュラム内容 20.0%
κ薫狼ぁ。隠機ィ機
Д汽檗璽肇轡好謄燹。隠粥ィ検
┝業の曜日 13.8%

オリコンCSランキング

ネット広告に活用
病院・エステもランキング
閲覧数に応じ企業から徴収

オリコンは7月下旬から、音楽人気ランキングなどで有名な「オリコンランキング」のノウハウを活用して、ネット広告事業を始める。

約1万人に聞き取りした顧客満足度の高い企業のランキングを、業界ごとにインターネットサイトで公表する。ランキングから当該企業のサイトに接続できるようにし、閲覧ごとに企業から数百円の広告収入を得る。

オリコンが運営する情報サイト「オリコンスタイル」内で始める。
まず、病院、転職派遣、英会話学校、結婚紹介、エステの各業界について、顧客満足度(CS)が高い企業を「オリコンCSランキング」として24日から掲載する。

同ランキングは原則、各業界の利用者1万人を対象に「サービスの質」や「従業員の対応」「コストパフォーマンス」などについて聞き、点数の平均値を順位化する。

小池恒社長は「消費者の関心は高いが、サービスの違いを判断しにくい業界を選んだ」と話す。

同ランキングにネット広告を組み合わせて事業化する。ランキング内に当該企業のサービス概要やキャンペーン情報などを掲載。閲覧者が広告を入り口に当該企業のサイトを訪問すると、1回300〜400円の広告料を受け取る仕組みにする。

「ランキングは広告を出さない企業であっても公平に算出する」とのこと。

ホテルの趣味教養講座

高級感も楽しむ

東京都内のホテルでは、趣味や教養を身につけるための講座が開かれている。

ホテルならではの料理や酒の造り方、味わい方に始まり、さまざまな体験型のセミナーも。

皇居前にあるパレスホテルは日本古来の文化に親しむカルチャー教室「和ごころ倶楽部」を開いている。30人から50人ほどの定員で、ゆったりと伝統の技を体験できる。都心にありながら緑や落ち着いた雰囲気があるのは、ホテルならでは。

新高輪プリンスホテルではホテルの味を家庭で再現する料理、お酒の教室のほか、高輪プリンス、さくらタワーなどと共同の女性サークル「高輪エレガンスサロン」が、ハワイアンキルト講座を開く。

京王ブラザホテルは「普段見ることのないホテルの裏側をみせる」(総支配人室)と仕事探検ツアーを計画している。

女性向け投資信託

相次ぎ女性向け投信
ブランド企業などに投資

女性の個人投資家に照準を定めた投資信託が相次いで登場する。

クレディ・アグリコルアセットマネジメントなどが、高級ブランド企業に投資する投信を設定する。女性の登用に前向きな企業に投資するファンドの運用も始まる。

このところ女性投資家が増加する傾向にあり、資金の呼び込みにつなげるねらいがある。

ワンセグに向けた教育市場

インデックスと学研 携帯に語学、育児番組

携帯電話向け情報発信のインデックスは学習研究社と組み、語学や料理など教育や知識取得に関する情報番組を始める。

携帯電話の高機能化などを背景に、若年層だけでなくビジネスマンや主婦などに役立つ情報を充実させる。

イマジニアが松下幸之助氏の講演を収めた動画を配信するなど、情報配信各社は大人の関心も引く情報を拡充し、収益力向上を狙う。

携帯向け地上デジタル放送「ワンセグ」のサービス開始などに伴い、携帯電話での情報を取得するビジネスマンなどが増えると判断。

教育などの娯楽以外の情報配信競争が激しさを増しそうだ。

美肌

日本ケロッグ(東京新宿)が昨年1月に働く女性に実施した調査によると、

「女性美で気をつけていること」の問いに対し、

「肌の美しさ」84.4%とトップ。

「健康管理」70%、「内面の輝き」70%より多く美肌重視の傾向は強まっている。

なぜ美容に力を入れるのか。

「身ぎれいなのは自己管理能力の表れ」という価値観ができつつある。

経済力を身につけ、美容に遠慮なく投資できる女性が増えた。

手間ひまかけたスキンケアは経済力や時間的余裕を手に入れた自分を確認する作業なのではないか。

ホテルバー

ホテルバーでくつろぐ

東京都心には充実したバーを備えたホテルが多い。ホテルならではの落ち着いた雰囲気に加え、ほとんどが高層階にあって夜景などの眺望も見どころの一つ。生演奏や季節限定のオリジナルカクテルなどで趣向も凝らしている。

ホテルバーというと夜のイメージが強いが、昼間から営業しているところも多く、喫茶や待ち合わせにも利用できる。

結婚式の二次会として貸し切りにできるところもあり、もっと多様な活用法がありそうだ。

交通アクセスの便利なホテルバーで日ごろの喧騒から逃れ、ゆったりとした時間を味わってはどうだろう。

サロネーゼ

自宅を開放し、少人数の女性たちを相手に“お教室”を開くセレブな主婦、それが「サロネーゼ」。

おけいこの中身は料理、テーブルコーディネートやフラワーアレンジメントと一般的だが、自宅で催すことに意義がある。カルチャー教室では味わえない上流感と、濃い人間関係はまさに現代のサロンだ。

本来のサロネーゼは元大使夫人や元キャビンアテンダント、代々続く商家の娘など、ごく限られた人々。彼女たちに共通する優雅な生活と交友関係の幅広さが財産だ。

ブログ「表参道☆美学」オープン

ブログ「エレガント経営学」オープンとともに、ブログ「表参道☆美学」もオープンいたしました。

「表参道☆美学」は、スクール・カルチャー教室・お稽古、サロン、美容、文化、生活に関するトピックを、新聞、雑誌などから引用し、ビジネスの視点で解説していきます。
また、このようなビジネスに携わっている経営者のインタビューも実施し、うかがった「経営戦略のツボ」も載せていきたいと思っております。

美や教養に興味のある女性のための内容にいたしますが、女性向けビジネスに携わっている男性経営者に読んでいただいてもためになるのではないかと思っております。

「表参道」は、弊社の本社の場所でもありますが、「ビジネス」と「美・芸術・文化」の融合を実現している場所であるため、ブログの名前にしました。

また、インタビューにご協力いただける女性向けビジネスに携わっている経営者を随時募集しております。弊社クライアント、クライアント以外でも構いません。
ただし、クライアントであっても、ご要望がない限り、敢えてホームページ上、ブログ上で「弊社のクライアントである」とは一切公表いたしません。また、インタビューの内容をすべてブログ上で公開することはなく、事前に必ずチェックをしていただいた上で、非公表のものと区別いたしますので、ご安心ください。

インタビューにご協力いただけるかたは、会社名、担当者名、会社事業内容、連絡先を必ずご記入の上、こちらに送信いただくか、「お問い合わせ」フォームより送信してください。追ってこちらより詳細をご連絡いたします。