表参道美学

女性向けビジネスを行っている会社の経営者、カルチャースクール、サロン経営者に伺ったワンポイント経営戦略を公開し、さらにスクール、文化、芸術に関する情報、大使館セレブパーティ情報をお伝えします。

サロネーゼ

自宅を開放し、少人数の女性たちを相手に“お教室”を開くセレブな主婦、それが「サロネーゼ」。

おけいこの中身は料理、テーブルコーディネートやフラワーアレンジメントと一般的だが、自宅で催すことに意義がある。カルチャー教室では味わえない上流感と、濃い人間関係はまさに現代のサロンだ。

本来のサロネーゼは元大使夫人や元キャビンアテンダント、代々続く商家の娘など、ごく限られた人々。彼女たちに共通する優雅な生活と交友関係の幅広さが財産だ。

『2006年5月27日 日本経済新聞 より抜粋』


【コメント】

最近、「サロンを開きたいと思っていますが、どうやったら儲けることができますか?」とよく聞かれることがあります。今すでに、サロンを運営されている先輩サロネーゼたちは、商売のためにサロンを開いたわけではないと思います。
ご自身の好きなことを純粋に披露したり、教えたりすることで、生徒さんと美しいこと、楽しいことを共有したいと思って始めたのではないかと思います。

生徒さんは、先生の人間性、ライフスタイルに惹かれて集まってくるものです。「商売っ気」が見えてしまうと、生徒さんは敏感に感じ取って、サロンから去ってしまいます。

生徒がたくさん集まって、講座数も増えると、1人では運営しきれず、他の人を雇ったり、場所を増やしたり、と教えること以外の仕事が発生してきます。それをうまく管理していくかがポイントですし、、お金の管理も大切になってくるとは思いますが、そういった中でも、「初心」は忘れないでいてほしいですね。

コメント

※コメントが反映されるまで時間がかかる場合があります。

トラックバック

トラックバックURL
http://www.ebrains.co.jp/cgi-bin/mt/eb-trb.cgi/10