エレガント経営学

最新の経営学に関するトピックを新聞、ビジネス誌ビジネス書から引用し、女性経営コンサルタントの視点でわかりやすく解説、コメントしております。

小売業の店舗情報システム

セブンイレブン 500億円を投資
店舗情報システム刷新 立地を加味し販売分析可能に

セブンイレブン・ジャパンは5月25日、本部と全国約11,300店を結ぶ情報システムを8年ぶりに刷新すると発表した。

投資額は約500億円。店舗立地を約100タイプにきめ細かく分類し、売れ筋動向を分析するほか、光回線を通じて、商品情報を動画や音声で加盟店に伝える。

無線LAN(構内情報通信網)を活用した携帯端末を使い、店頭で在庫も確認できる。

店舗の効率運営や販売戦略に生かす。

Web2.0

2000年前後のITバブル崩壊後、元気のなくなったシリコンバレーが2004〜05年にかけて復活。その過程で生まれてきた、新しい技術、新しい組織の形、新しい思想、などを一つのパッケージにした概念がウェブ2.0だ。

95年ごろからITバブル崩壊までのネット普及期をウェブ1.0と呼ぶのに対し、「次世代のウェブ」という意味を込め、ウェブ2.0と命名された。

リアル社会とウェブ社会の違いは、リアル社会が一般的に「中央集権、マス、占有」と表現できるのに対し、ウェブ社会の特徴は「草の根、ニッチ、共有」という言葉で表される。

そして、ウェブ1.0とウェブ2.0の間には、非連続的な断絶があるわけではなく、ウェブ1.0よりもさらに、自律、分散、協調というインターネットの特質を推し進めたものがウェブ2.0。 そう言い換えることができるだろう。