エレガント経営学

最新の経営学に関するトピックを新聞、ビジネス誌ビジネス書から引用し、女性経営コンサルタントの視点でわかりやすく解説、コメントしております。

☆外資系ホテル強さの秘密



昨年、2020年に東京五輪が開催されることが決まり、さらに、ASEAN5か国のビザが免除、緩和されたことにより、今後、海外からの観光客が増えていくと見込まれています。



こうした中、新たな外資系ホテルの進出が今後増えていくこととなっています。



では、外資系ホテルの強さの秘密とは何なのでしょうか。



・価格帯やコンセプト別に複数のホテルブランドを持っていて、チェーン化することにより、世界中を飛び回るビジネスマンや、富裕層の旅行客を集客することができる



・不動産オーナー、経営会社、オペレーターと役割分担がされていて、責任が明確になっている



・会計システムが「ユニフォームシステム」という統一された管理会計の仕組みを使っていて、部門ごとの損益を明確化することにより、現場への予算と権限委譲をすることができる



・人材の移動が活発である



ということが挙げられます。



日系のホテルに比べて、役割分担が明確で、それぞれに権限委譲がされていて、それに見合う、管理会計の仕組みが出来上がっているという実感があります。



 



【WEDGE 2014年4月号 「外国人客を取り込め日系vs外資高級ホテルの戦い」】より抜粋


☆外資系企業対日進出支援



◎外資系企業対日進出支援コンサルティング強化について



リーマンショックの影響もだいぶ落ち着き、2020年東京オリンピック開催が決定したことにより、今後、外資系企業の日本への進出増加が見込まれます。

事実、最近、外資系企業からの引き合い、ご相談が増えております。



また、弊社では今までほとんど紹介ベースでの契約であったため、新規の案件獲得を行っていませんでしたが、昨今の情勢を踏まえて、今後、新規の案件を募集いたします!



弊社代表 竹内自身が、外資系企業での経理業務、経営企画・事業企画、日本での立ち上げの仕事の経験と、コンサルティングファームでの外資系企業に対する管理・間接業務の支援、経営戦略策定支援などを行っていた経験がございますので、外資系企業に対するサービスは一番得意としております。



外資系企業が日本に進出する最初の段階では、特に、カントリーマネジャー・日本代表は、市場開拓、営業などに追われ、管理業務にまったく手がつけられない状態かと思われます。



そこで、初期の段階での管理業務のサポート全般、管理業務のマニュアル化、そして管理体制構築支援、人材採用後の引き継ぎサポートなどを行ってまいります。



また、経理システムや マネジメント・レポートなどは、本社で使われているものを使用することがほとんどであるため、その既存のシステムに適合するように業務を組み立てていくようサポートいたします。



 



外部コンサルタントとしての参画、立ち上げ創業メンバーとしての参画、顧問、社外取締役としても可能です。



また、外資系ホテルで使われている会計システム、イールドマネジメントシステムにも精通しております。 



 



経営企画代行、事業企画代行、CFO代行 としても承ります。



 





よろしければ、一度お問い合わせください。

http://www.ebrains.co.jp/inquiry/