エレガント経営学

最新の経営学に関するトピックを新聞、ビジネス誌ビジネス書から引用し、女性経営コンサルタントの視点でわかりやすく解説、コメントしております。

★バランススコアカード 〃弍調浜

バランススコアカードの元は、経営管理です。

経営管理(マネジメント・コントロール)とは、企業内における各マネジメントが、企業全体の目標、ビジョンや戦略の達成に結び付くよう、コントロールすることです。

この仕組みを一般的にマネジメント・コントロール・システム(経営管理システム)と言います。

1990年代の米国におけるIT革命、グローバル経営に伴い、誕生した高度なマネジメントシステムを「バランススコアカード」と言います。

伝統的な経営管理システム(マネジメント・コントロール・システム)は、ロバート・N・アンソニー教授のものであると言われています。

★経営管理システム(マネジメント・コントロール・システム)の3つの要素

〃弍沈鑪の立案(Strategic Planning)

▲泪優献瓮鵐函Ε灰鵐肇蹇璽(Management Control)

オペレーショナル・コントロール(Operational Control)

〃弍沈鑪の立案は、企業のビジョンと戦略を明確にすることです。

▲泪優献瓮鵐函Ε灰鵐肇蹇璽は、4つの要素から構成されています。

★マネジメント・コントロール4つの要素

1.経営計画の策定(Programming)

2.予算編成(Budgeting)

3.予算の執行と会計(Operating and Accounting)

4.分析と報告(Analysis and Reporting)


1.経営計画の策定は、戦略を通じてビジョンを実現するために、数年間の将来を見据えて経営計画を策定することです。

2.予算編成は、策定した経営計画を、「人」「もの」「金」で1年ぐらいのスパンを想定し、策定した経営計画をより具体化にします。

3.予算の執行と会計は、編成した年度予算を月次まで落とし込み、予算に基づき、実際に企業経営を行い、月末に実績を測定・評価します。

4.分析と報告は、月末の実績の測定・評価を受けて、なぜ予算に対し実績が未達であったのかを分析し、次月に向けた具体的な対策、アクションプランを作成し、組織の全員に周知徹底させることです。


オペレーショナル・コントロールは、4.分析と報告を受けて、企業の業務を実際に遂行し、マネジメントすることです。