表参道美学

女性向けビジネスを行っている会社の経営者、カルチャースクール、サロン経営者に伺ったワンポイント経営戦略を公開し、さらにスクール、文化、芸術に関する情報、大使館セレブパーティ情報をお伝えします。

引き出物

多様化する好みに対応
贈り物、温泉・カフェも選択肢

蔵王牛、マカロン、辛子めんたいこ・・・。結婚式の引き出物で主流となった「選べる贈り物」。

カタログギフト大手のリンベル(東京・中央)の調べでは、上位には珍しい洋菓子や地方の特産品が並ぶ。

「家にモノがあふれているためか、商品の顔ぶれが変わった」と。

最近はカフェ利用や温泉入浴といった参加・体験型のサービス券も扱う。

「自分だけ」を求める買い手に対し、お仕着せ感を抱かせずに提供することが、選択消費時代の企業の勝ち残りのキーワードに浮上してきた。

●カタログで選ぶ「引き出物」ベストテン

1.イオンドライヤー

2.オーブントースター

3.蔵王牛のすき焼き用ロース肉

4.ペアの陶器皿

5.ザッハトルテ

6.ヘアアイロン

7.カフェ招待券

8.マカロン

9.辛子めんたいこ

10.コーヒーメーカー


『2006年8月7日 日本経済新聞 より抜粋』


【コメント】

引き出物に限らず、最近の商品、サービスの傾向は、消費者自身が選択したり、参加したりするものが多くなってきていると思います。

新しい商品、サービスを考える際に、付加価値という点で、選択できたり、参加できたりという要素を考える必要があります。

コメント

※コメントが反映されるまで時間がかかる場合があります。

トラックバック

トラックバックURL
http://www.ebrains.co.jp/cgi-bin/mt/eb-trb.cgi/73